masquerade

ー仮面の世界ー

物心つく頃から絵を描いてきました。

絵は私が生きる上で必要不可欠なものです。

それはやがて人生の目的になり、自己存在証明になりました。

20年以上池に浮かぶ睡蓮を描いています。

光、影、時間、季節、移りゆくものを睡蓮を通して画布にとどめてきました。

そして今はベネチアンマスクに魅せられ仮面を描いています。

人間は皆仮面を付けていると思ったのがきっかけでした。

目だけが覗くマスクの表情が、いつしか人間に見えてくるのです。

そこに魂の深淵を見るような気がします。

睡蓮と仮面、自然と人間、この二つが私の絵のテーマです。